2010年10月17日

少し前の話ですが

10月17日の礼拝は村山盛葦同志社大学准教授(1965年エジプト生まれ。同志社大学神学部大学院修了後、岡山教会伝道師、阿倍野教会副牧師、パイン合同メソジスト教会副牧師(サンフランシスコ)を歴任。また、バークレー神学大学院連合、ボストン大学大学院博士課程(新約聖書学)で研鑽を積まれた)が説教を担当してくださいました。盛葦というお名前は当時宣教のため家族でエジプトにいかれており、エジプトのパピルスから葦、そして盛は沖縄出身(〔沖縄人としての思い〕と先生のお父様が言っていたらしい)が由来だそうです。
礼拝後のお茶の会では説教のことで更に話を深めたり、生まれた土地に対する思いを話したり良い一時を過せました。

IMG_2269.JPG
   <お茶の会で真剣に話される村山先生>


では、いつものように講壇のお花で締めくくります。

IMG_2266.JPG
   <少し変わった色のコスモスです>

IMG_2267.JPG
   <アップで撮ってみました>
posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167801915
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック