2011年03月15日

未曾有の震災

3月11日、この日は多くの人々にとって忘れることの出来ない日となった。東日本を襲った大地震と大津波は多くの人の命を連れ去り、その爪あとは日が経つにつれ深くなってきている。

16年前の阪神淡路大震災を経験した私にとっても、今回の地震の被害は想像を絶するものであり、毎日増え続ける犠牲者の数にやりきれないものがあります。被災地で避難生活をされている方、懸命に救助活動をされている方、原発の事故処理に命懸けで取り組まれている方、本当に多くの方が懸命にされている中、私に出来ることはなんだろうかと考えさせられます。この教会とも縁のある牧師が被災地に行かれました。阪神淡路大震災以降、長田に於いて被災者支援をずっとやられていた方で、阪神淡路大震災以降、各地で災害が発生する度に現地へ行かれていた方です。きっとよい働きをされると思います。翻って自分を省みれば、思いはあっても日々の生活があり、具体的に何も出来ていません。私に出来ることといえば、僅かばかりの義援金を送ること、無駄な消費はしないよう心がけること、この地において東日本の方々について祈ることだけです。

大自然の前で人は如何に無力なものか。しかしその無力さを知った上で、皆が協力し助けあうことで計り知れない力が与えられることを、(16年前を経験した)私達は知っています。(文字にしてしまうと薄っぺらくなってしまう自分の文才の無さがうらめしい)願わくば離れた地にある私たちの想いが少しでも現地の方々に届きますように。
posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。