2012年06月10日

お久しぶりです。もう少し頑張るね。

先日、職場の同僚と話をすることがありました。彼は少し前にカトリックの教会で洗礼を受けており、たまに教会のことやキリスト教のことで話をすることがあります。もちろんカトリックとプロテスタントの教会では違うことが結構ありますのでわたしとしては彼との話は結構楽しみの一つになっております。彼のいっているカトリック教会でもHPを作成しており、彼の相方がHPをより良くしようと勉強中との事でした。
わたしも教会のHPを担当していることを告げると一度観にいきますとの事。あぁ、もっとしっかりと更新しておけば・・・。いや、過ぎたことは言うまい。今後はもう少しきちんと更新しますね。





今回はこれくらいで・・・・。
posted by kuma at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

遅ればせながら・・・

一月半ほど更新が滞っておりました。毎週教会ですることが多かったので、このコーナーは家に帰ってからゆっくりやろうと思っていたのですが、日曜日は月曜に備えて早めに寝るのでできず・・・(朝は4時過ぎに起きないといけないので)週の半ばは仕事と猫の相手で忙しく(オイオイ)週末になってしまうと、つい「明日の日曜日にまとめてしちゃおう」という甘い誘いに負けてしまい。こんなことをくり返していると、とうとう体調まで崩してしまい、やっと更新できます。まぁ言い訳なんですけどね。というわけで旬をはずしてしまいましたが、今年の桜便りを一挙公開(後悔かも)いたします。

教会の帰りに夙川沿いで撮影
IMG_2449.JPG

会社帰りに家の近くの道路にある桜
IMG_2451.JPG

IMG_2452.JPG

大阪和泉市にある黒鳥山公園へ花見に行きました。
IMG_2453.JPG

IMG_2454.JPG

IMG_2455.JPG

IMG_2456.JPG

IMG_2457.JPG

IMG_2458.JPG

IMG_2459.JPG

有馬温泉を通っている有馬川の桜
IMG_2461.JPG

IMG_2462.JPG

IMG_2463.JPG

IMG_2465.JPG

IMG_2466.JPG

IMG_2467.JPG

西宮にあるK西学院の正門前、この日は黄砂でかすんでいました
IMG_2468.JPG

IMG_2469.JPG

堺にある「栂・美木多駅」の北側に西原公園という比較的大きい公園が有ります。その周囲で撮影
IMG_2471.JPG

IMG_2473.JPG

IMG_2474.JPG

IMG_2476.JPG

IMG_2478.JPG

IMG_2480.JPG

IMG_2481.JPG

IMG_2483.JPG

まあ今年はこんな感じです。ここ数年行く場所が決まってきているので来年はちょっと場所を変えてみようかな。





posted by kuma at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

新年度になりました

先週の教会からの帰り道、夙川の沿道を見てみると、1本の桜の木に花が咲いていました。この木は夙川沿いにでは毎年最初の方に咲く木で、この木が咲くと夙川は段々ピンク色に包まれてきます。
例年、この時期には桜便りを載せていますが、今年はどうしようかと悩みました。でも結局今年も載せていくことにします。
新年度になりました。本日の北六甲教会は鈴蘭台教会の川原田牧師に説教をお願いしました。というのも、今年度より着任の松谷牧師が引越し等の関係でどうしても本日の礼拝に間に合わなかったからです。(でも午後からの運営委員会、役員会には松谷牧師も出席されました)この年度も教会としてしっかり歩んで行きたいと思います。

IMG_2440.JPG

IMG_2444.JPG
<聖餐式も川原田牧師の司式で執り行いました>


この教会のHPも徐々にでは有りますがリニューアルしながら様々な情報の発信源として、教会の業の一部を担って行きたいと思います。今後とも宜しくお願いします。

最後にいつもの講壇の花です。

IMG_2445.JPG
    <先週は殆どつぼみ状態だったのですが、見事に開きました>

IMG_2446.JPG
    <桜の枝の花が開きました>

IMG_2447.JPG
    <桜の花のアップです>
posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

未曾有の震災

3月11日、この日は多くの人々にとって忘れることの出来ない日となった。東日本を襲った大地震と大津波は多くの人の命を連れ去り、その爪あとは日が経つにつれ深くなってきている。

16年前の阪神淡路大震災を経験した私にとっても、今回の地震の被害は想像を絶するものであり、毎日増え続ける犠牲者の数にやりきれないものがあります。被災地で避難生活をされている方、懸命に救助活動をされている方、原発の事故処理に命懸けで取り組まれている方、本当に多くの方が懸命にされている中、私に出来ることはなんだろうかと考えさせられます。この教会とも縁のある牧師が被災地に行かれました。阪神淡路大震災以降、長田に於いて被災者支援をずっとやられていた方で、阪神淡路大震災以降、各地で災害が発生する度に現地へ行かれていた方です。きっとよい働きをされると思います。翻って自分を省みれば、思いはあっても日々の生活があり、具体的に何も出来ていません。私に出来ることといえば、僅かばかりの義援金を送ること、無駄な消費はしないよう心がけること、この地において東日本の方々について祈ることだけです。

大自然の前で人は如何に無力なものか。しかしその無力さを知った上で、皆が協力し助けあうことで計り知れない力が与えられることを、(16年前を経験した)私達は知っています。(文字にしてしまうと薄っぺらくなってしまう自分の文才の無さがうらめしい)願わくば離れた地にある私たちの想いが少しでも現地の方々に届きますように。
posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

バトンを受け継ぐ

去る3月1日に北六甲教会の創設のときからの中心であったS野T實さんが天に召されました。昨年より体調を崩しておられたのですが、突然のことに教会に大きな衝撃が走りました。私のこの件に関して記事にすべきか悩みましたが、やっと少し気持ちが落ち着いてきたので今の心境を書いてみようと思います。
T實さんに対する私の印象は、すごいことをすごくないように普通にしている人、というのが一番あっているかもしれません。普通の人なのに、よーく考えてみたら私にはとても出来ないことを普通のことしてやっている。決して無理をしているのではなく、その人にとってはそれがごく自然のことのように見える。そんな人でした。
T實さんの働きは教会だけではありません。社会福祉関係では現場を大事にされながらも、後進の指導をしっかりとされる。本当に細かいところにまで配慮される方でした。葬儀の日には多くの社会福祉関係の同僚や後輩たちが来られ、彼女がいかに多くの方に慕われていたのかを感じさせられました。
T實さんは近年「安心ノート」という老い支度の準備のためのノートを作成されていました。これはいざという時に残された人が困らないようにということはもちろんですが、このノートを作成することで今の自分を見つめなおすことが出来るようになっています。内容を簡単に紹介しますと(これは教会員向けに作られたもので、一般向けのもあります)

 1.私のこと      自分のプロフィール等です
 2.緊急連絡先     そのものです
 3.医療関係連絡先   そのものです
 4.介護保険      担当者他
 5.私のしてほしいこと 本人の意思確認が出来ないときのために
 6.私の望む葬儀    葬儀の具体的内容
 7.私の財産      もめないように
 8.遺産        遺産相続に関して
 9.お墓        どこにはいるのか
10.私からのメッセージ 伝えたいことがあれば

といったものです。まだ遺族の方の許可を得ておりませんのでこれ以上詳しくは紹介できませんが、いずれ紹介できればと思っています。

もうひとつT實さんに関して思うことは意思の強い人ということです。自分がこうだと思ったことに本当にまっすぐに進んでいく人でした(私よりもっと親しい人には違う面も見せておられるとは思うのですが)。今回も自分の病気と向かい合い、自分がどう生きたいのかを考え実行されていたように思います。


このような方を天に送った私たちは彼女の残したものにすがるのではなく、バトンをしっかりと受け止め、次の人へ渡すまで、精一杯がんばらねばと思うのです。(でも、あんまり気合を入れすぎると、無理をしては続かないわよ、自分に応じた役割をしっかりすればいいと思うわよ、って声が聞こえそうな気がします)

取り留めの無い文で申し訳ありません。今の心境でした。
posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

雪景色

金曜日は雪でした。朝、目覚めたとき窓の外は雪景色。一瞬私はどこに居るのだろうかという気持ちになるくらい雪が積もっていました。どうやら木曜の夜から金曜の朝まで、雪が降り続けていたみたいです。突然の銀世界に(といっても10センチほどしか積もっていませんが)仕事に行く子どもは何か嬉しそう(思わず、「お前は小学生か」って心の中でつっ込んでしまうぐらい)に家を出て行きました。もう一人の子は雪景色に興味はありながらも「寒い」とストーブの前へ、頭の中を”い〜ぬはよろこび、庭かけ回り、ね〜こはコタツで丸くなる”というフレーズが流れていき、あぁ本当にそんな感じだなぁと感じてしまいました。

 そんなことがあり、北六甲教会の周辺は、日曜日も雪が残っているのでは、と心配し早めに家を出たのですが・・・全然でした。聞けば積雪も私の家周辺の方が多かったみたいです。せっかくこのブログに雪の教会の画像をと思っていたのにチョッと残念(雪で大きな被害が出ている地域もあるのに、こんな気楽な記事で申し訳ありません。気分を害された方がいれば申し訳なく思います。)

周辺の雰囲気が残っているところの画像をひとつ

IMG_2409.JPG
    <有馬温泉の少し東側で撮影しました>

では最後に今日の講壇の花です。

IMG_2408.JPG
    <今年は担当の方が替わったのでかわいい系になっていますね>
posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

疲れました

私の家は教会から少し離れたところにあるので、気軽に教会に立ち寄るってことがなかなか出来ません。そのため日曜日に出来るだけ全ての事を済まそうと思い、ついつい長居をしてしまうことがあります。それでも時間が足りないときは、仕事が終わってから教会まで足を伸ばすのですが、そうなると家へ帰るのがとても遅くなってしまいます。そうなると「泊まっちゃおうか」となり、今までも何度か教会から出社したことがあります(きちんと家族の了承は得てますよ)。
 そんなこんなで教会に泊まることに慣れてしまった私、今回は最初から教会に泊まるつもりで週末を過ごしました。遅れている25周年記念誌の編集(本当に遅くなって教会員の皆様ゴメンナサイ)と日曜日の昼食の準備を行いました。
 そして日曜日、朝から昼食の準備の仕上げと礼拝の司会、その後の運営委員会と役員会。いやぁ、やっぱり少し疲れましたねぇ。私も、もう若くなくなってきているのでしょうか?(当然だ、という声が後ろから聞こえたような気がする・・・)まぁ、体調を崩さない程度にがんばります。

では、最後に今日の講壇の花です。

IMG_2406.JPG
posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

寒〜い

今日は全国的に寒〜い日ということですが・・・。教会に来る時に車の車外温度計は教会の周辺ではマイナス2℃を示していました。やっぱり六甲の北側は寒いです。
六甲山も山間に所々雪が残っており、一部道路ではチェーン規制がかかっておりました。阪神高速も電光掲示板に凍結注意との表示があり、凍てついた一日でした。

さて、北六甲教会では毎年クリスマスの時期にコンサートを行っていますが、昨年は腹話術とクリスマスソングを歌う会を16日に行いました。第一部に腹話術、第二部にクリスマスソングを歌う会を行いました。
当日は近くにある小規模多機能施設の方も数名こられて共に楽しい時を過すことが出来ました。第一部の腹話術は神戸在住のさんが楽しい腹話術と手品を披露してくださいました。初めて間近で腹話術を見させていただきましたが、腹話術の人形って大きいんですねぇ!。そして人形なのに表情があるんですよ。それがテクニックだといえばそうなんですが、本当に二人が会話しているように見えて面白かったです。

IMG_2330.JPG
   <お殿様との会話はおかしかったですよ。>

IMG_2340.JPG
   <左にいるのがキャサリンです。本当に表情があるように見えました>

第二部ではみんなでベルや鈴を使って演奏したり、山本牧師のフルートに合わせてクリスマスソングを歌ったりしてクリスマスの雰囲気を共に味わうことが出来ました。今後も地域の方と共に楽しめるプログラムを提供できるようにしていきたいと思います。

IMG_2342.JPG
   <こういった会では定番となりつつある、山本牧師によるフルート演奏>

最後に講壇のお花です。

IMG_2395.JPG
   <今週も春らしいかわいい雰囲気でしょう>
posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

パイプオルガンのこと

予告通りパイプオルガンのことを書きます。

昨年の11月27日にパイプオルガンのコンサートに行ってきました。神戸にある啓明学院のパイプオルガンの完成記念コンサートでした。じつは啓明学院の聖書科の先生とは旧知の間柄で、このパイプオルガンの完成した後に一度音を聞かせていただく機会がありました(我が相方は演奏もさせてもらっていましたが・・・)。その音色の素晴らしさに感動していたところ、11月27日にコンサートがあることを教えていただき、心待ちにしていたのでした。

演奏会はとっても素晴らしいものでした。玉里照子先生の演奏は、聴いてて心が安らぎ、時には感動し、浮かれといった感じで、あっという間に時間が過ぎてしまいました。このような機会を与えてくださった啓明学院に心から感謝いたします。(こんな感じです。http://www.keimei.ed.jp/

101127_1419~00010001.jpg
    <携帯の画像なのであまり綺麗じゃないけどこんな感じです>


実はこのコンサートの後にサプライズがあったのです。演奏の後、普段は見ることの出来ないパイプオルガンの内部を見させていただけたのです。パイプオルガンって内部を見ると楽器というより建造物のような感じです。階層に分かれており、そこから大小様々なパイプが突き出ているのです。メンテナンスのために中には足場や梯子もあり、とても面白かったです。貴重な体験もできて、この日はとても有意義な一日でした。

101127_1631~00010001.jpg
    <奥に見えているパイプが外から見たときに見えているパイプです>

101127_1631~00020001.jpg
    <中にはパイプがぎっしり。奥には梯子が見えています。>

101127_1632~00010001.jpg
  <上に見えている木の棒の集合体、これが鍵盤とストップに対応し各パイプに空気を送ります>

では、最後に本日のお花です。今日は2つ有ります。玄関で私たちを迎えてくれたものと、講壇を飾っていたものです。玄関のはお正月の雰囲気たっぷりで、講壇のはもう春です。

IMG_2393.JPG
    <正月って感じでしょ>

IMG_2386.JPG
    <アップにするとこんな感じ>


IMG_2383.JPG
    <こちらは春ですねぇ>

次回はクリスマスに行われた腹話術について書く予定です。
posted by kuma at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

今日はアドベントワークでした

教会の暦では今日が一年の締めくくりです。来週からは新しい一年が始まります。(待降節から一年が始まるのです)今日はアドベント(待降節)前ということで教会の掃除とアドベントワークを行いました。講壇の斜め上に吊るリースの作成(このリースは毎年Mさんを中心に作ってくださります)教会壁面のイルミネーションの動作確認、クリスマスツリーの準備(飾りつけは次週の教会学校でやります)等々、各自が分担を決めてやりました。私は、教会のテラスと階段の清掃を担当。テラスの柵が汚れていて雑巾を何度も洗いなおしました。でも綺麗になったので気分はさわやか〜。

さぁ、いよいよ待降節です。気持ちも新たに過したいと思います。

IMG_2297.JPG
   <製作中のリースです。これから綺麗に整えていくのです>

IMG_2298.JPG
   <判ります? 柵に汚れがこびりついています>

IMG_2299.JPG
   <ほら、綺麗になったでしょう! 自画自賛!>

さて、教会前の池が埋め立てられて住宅地になる予定ですが、段々と宅地らしくなってきました。この間までは大型重機が何台も動いていました(日曜日は置いてあるだけですが・・・)ここに住宅が建つと電車から見えていた教会のクリスマスイルミネーションが見れなくなります。今年は電車からイルミネーションを見てみようかなと考えています。

IMG_2296.JPG
   <今はこんな感じになっています>


では最後に今日の講壇の花です。

IMG_2294.JPG
   <オレンジ色のは小さい柿の実です。野生の柿?>
posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

とっても暑いけど 秋なのです

今年は記録的な猛暑でした(今もまだ続いていますが・・・)。我が家でもエアコンが一日中ついているという、今までにない状況でした(設定温度は28度だったと思いますが・・・)この暑さはまだ暫く続くとのこと、体調には充分注意したいものです。
こんなに暑いのにカレンダーは今が9月だと主張してくるのです。いかにも秋らしい風景の写真や、茶色を中心にした色合いのイラストが目に入ってきます。私の携帯電話の待ち受けも画面いっぱいにススキが写っています。なにが秋じゃ〜と思っていたのですが、教会の近くの草むらではコウロギが見受けられます。夕方になると赤トンボも見られるようになりました。暑いけど季節は秋になってきているんですねぇ。

教会も夏休みは終了、聖書研究祈祷会、トマト文庫、トマトイベントも再会いたします。秋は教会修養会、バザーなどもあり結構忙しいですが頑張りたいと思います。ホームページも出来るだけ更新していきますので宜しくお願いします。

最後に今日のお花です。
  IMG_2233.JPG
    <後ろの葉っぱ部分が面白い>

IMG_2236.JPG
    <横から見るとこんな風>


posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

梅雨明け

今年の梅雨は梅雨でしたねぇ〜。

毎日毎日、雨が降りそうで、実際に降って洗濯物は乾かないし、布団は湿気てくるし、太陽が懐かしいと思っていたのですよ。そうしたら梅雨明けした途端にこの好天気、しかも連休とくれば道路は渋滞、さらに事故で渋滞、教会に来るのに2時間30分もかかってしまいました。当然礼拝はもう修了・・・皆でお茶を楽しんでおられました。(年に数回こんなことが・・・あぁ反省)今日の私は昼食を作りに来たようなものでした。

本日は壮年会の聖書研究会でした。6年を超える長きに渡って読み進んできたイザヤ書も本日が最終回でした。毎回2章づつ、持ち回りで発表をしてきましたが様々な意見や疑問が出されとても楽しい一時でした。次回からは出エジプト記を読み進めていきます。

最後に本日の教壇のお花です。
IMG_2021.JPG
  <ひまわりの一種だと思う>

IMG_2022.JPG
  <時間が遅くなったせいか、花がうなだれちゃいました>
posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

今年の梅雨は・・・

久しぶりに梅雨らしい梅雨を感じています。
最近は、梅雨になったの?とか、梅雨が終わったのに・・・という年が多かったように思うのですが、今年はとっても梅雨らしい梅雨で鬱陶しいという気持ちと、何かホッとするのとが入り混じっています。
今日も家を出るときは快晴(梅雨の晴れ間だぁ!!)と思っていたのですが、教会に近づくにつれ、空は曇りフロントガラスには雨粒が・・・まぁ遠くから来てるから天候が違うのはよくあることなのだけれど、洗濯物の心配を少ししています。
 
今日は礼拝後、皆でお掃除でした。礼拝堂だけではなくお庭の手入れもしてして少しは綺麗になったかなとと思っています。(まだ伐採された枝とかが散らかっているのでこの片づけが終わったら画像をアップしますね)

話は変わりますが、夏の行事が色々と計画されています。(また決まり次第順次ご案内させていただきますね。)今年のキャンプは8月1日・2日に近くにある「しあわせの村」に出かける予定です。楽しい一時を共に分かち合いたいとスタッフが色々と計画しているようなのでとても楽しみです。
私がまだ小さかった頃は今ほどキャンプができるところはなくて大変だったんだろうなと思います。(まぁキャンプをする人も少なかったんでしょうが)今ではいろんな所でキャンプができるようになり便利にはなったのですが、余りにも普通にキャンプができてしまい、キャンプの有り難味が薄れてしまうというか、折角のキャンプが普段の生活の延長とまでは言わなくても、特別なもので無くなってきているような気が少ししちゃいます。・・・・・・でも、楽しみにはしていますよ。

皆さんも色々夏の計画を立てておられると思いますが、良い時が持てますように!!
posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

春の風物詩?

先週は本当に雨の多い一週間でした。春にこんなに雨が続くのは珍しいのではないでしょうか。
今日は打って変った気持ちの良い青空が広がる春の日曜日です。教会の庭でもたくさんの花が綺麗に咲いております。

DSCF2109.JPG
  <教会の周囲はパンジーでいっぱいです>

DSCF2110.JPG
  <教会の庭にもかわいい花が!>

DSCF2111.JPG
  <上の花のアップです。なんていう花か知りませんか?>


さて、この時期になりますとミッション系の学校から多くの生徒が礼拝に来られます。若い魂が主に触れる一助になればと感じます。今すぐでなくてもいい、どこかで教会と繋がるきっかけになってくれればいいなと思います。
posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

桜便り C

今日は本当ならば先週に引き続き有馬の川沿いの桜を紹介しようと思っていたのですが、事情によりぜんぜん違うところを紹介します。

ここは大阪南部和泉市にある黒鳥山公園です。毎年多くの花見客で賑わうスポットです。屋台も出ますし、夜には提灯も点燈(今年は今日が最終日でしたが)し、これぞ花見という感じです。今日は、風に吹かれて花びらが舞い、絶好の花見日和となりました。多くの家族連れが花見を楽しんでおりました。

2087.jpg
  <駐車場から斜面を臨む>

2088.jpg
  <遊歩道の周りにも多くの桜が咲いていました>

2089.jpg
  <八重桜も綺麗に咲いています>

2092.jpg
  <広場の周辺は多くの家族連れで賑わっています>

2093.jpg
  <屋台もたくさん出ていました>

次に紹介するのは泉北高速鉄道の栂・美木多駅の北側にある遊歩道です。駅の北側にある西原公園内を通っている道なのですが、道の両側にある桜がとても綺麗でした。花はもうだいぶ散ってきており、風により桜吹雪が舞っていました。

2098.jpg
  <桜のトンネルです>

2099.jpg
  <道には大量の花びらが、そして風に吹かれて花吹雪が・・・>

今回で今年の桜便りはとりあえず最終とさせていただきます。

posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

桜便り B

一週間前はまだまだだった桜も今週は多くのところで満開となりました。各地で花見の方も多く見られ春を感じさせられます。今回も教会の周辺からちょっと離れたところまで各地の桜便りをおおくりします。

まずは先週もお知らせした夙川沿いの桜です。ここは古くから桜の名所と言われており、多くの花見客でん賑わっていました。
DSCF2059.JPG
  <この桜のトンネルを通って教会へいきます>

DSCF2060.JPG
  <空は青く、桜はうっすらとピンクで綺麗でした>

DSCF2062.JPG
  <屋台もたくさん。川の西側の桜も綺麗>

次は教会から歩いて10分くらいのところにある藤原山公園です。ここは以前イースターピクニックで行ったこともある公園です。

DSCF2077.JPG
  <池の向こうに桜の群れが…。途中の道も桜のトンネルです>

DSCF2078.JPG
  <上の展望台の横にも立派な桜があります>

続いては有名な温泉スポット、有馬温泉です。温泉を流れる川の両岸の桜が綺麗です。ここの桜は後二三日後くらいが一番綺麗かもしれませんね。

DSCF2081500.jpg
  <川に架かる橋から温泉街の方を臨む>

DSCF2080.JPG
  <表通りから一歩入ったところにある場所です>

今日の最終目的地に行く途中にある桜の名所は、西宮の北山貯水池周辺から甲山森林公園までの間にあります。特に北山貯水池周辺と森林公園の入り口周辺の桜は見ごたえがあります。

DSCF2083.JPG
  <道の両側も桜でいっぱいです>

いよいよ本日の最終目的地。有名私立の正門前にやってきました。入学式のシーズンにあわせてように綺麗な桜並木でした。桜並木の向こうには甲山をバックに時計台が見えます。この風景は日本の学校の中でもトップクラスの絶景ではないでしょうか。

DSCF2085400.jpg
  <夕方になり少し暗い画像になってしまいました>

DSCF2086.JPG
  <学院正門側から東側を臨む>

今年もたくさんの桜を見ることができてちょっと幸せです。

posted by kuma at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

桜便りA

聖金曜日の夕礼拝に出席すべくいつものように夙川沿いを通ってきました。この間の日曜日はまだまだでしたが今日は満開。多くの方がお花見を楽しまれているようでした。北六甲教会のある北神地区は満開までもう少し、イースターにちょうど満開になるかなぁと楽しみにしています。

DSCF2049.JPG
  <満開の桜の中を通ってきました>

DSCF2050.JPG
  <屋台も出て楽しそう>


posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

桜便り @ 

今年も桜の季節がやってまいりました。教会に来る途中にある桜の樹々も蕾から花へと変わりつつあります。今年も桜情報をお知らせします。(といっても地域限定ですが・・・)

昨日近くにある公園に花見に行きました。本当は来週が見ごろだと思うのですが、家族の調整がつかなかったので仕方なく昨日になりました。
もうちょっと咲いているかなと思ったのですが殆ど蕾状態で中に数本5分咲き程度の樹がありました。ここはこの辺では割と有名な花見のできる公園で4月に入ったら(多分4月4日からだったと思う)ナイターも始まるようです。この時期には屋台もたくさん出て、結構にぎわいます。

DSCF2039.JPG
  <黒鳥山公園で花見をしました>

DSCF2044.JPG
  <桜の花のアップ>

次は阪神間の桜の名所といえば夙川ですよねぇ。こちらもまだ殆どが蕾でしたが、充分に花見と言える様な樹もありました。屋台も出ており、これから暫くは花見客で賑わうと思われます。お近くを通るときは是非(途中下車してでも)お寄りください。JRでも阪急でも阪神でも交通手段は問いません。一人で、気の合う仲間と、お花見しませんか。

DSCF2046.JPG
  <夙川沿いの道から撮影@>

DSCF2047.JPG
  <夙川沿いの道から撮影A>

これから暫くは桜便りをお送りします。
posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

2月14日 再会

 今日は北六甲教会には行かずに(皆さんゴメンナサイ)近くにある教会に行ってきました。我が家から車で15分くらいの所にある教会です。その教会には過去にも数回出席させていただいたことがありますが、今回初めて我が相方も一緒に出席させていただきました。実はその教会の牧師と我が相方は学生時代に共通の友人があり、ある程度の面識があることを知っていましたので、一度会わせてみようと思っていたのです。
 先週の富田牧師のときも感じたのですが、人間てそんなに変わらないものですね。二人は大学卒業後一回も会っていないので、20年振りなのにすぐに判ったと言っていました。
 これを機会にまた交流の輪が広がればいいのにと感じた一日でした。
posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

温度差

「1月17日」この日は15年前に兵庫県南部地方に住んでいた人にとって、忘れることのできない日です。私はこの時期、加古川に住んでおり淡路島や神戸から尼崎、伊丹にかけての被害に比べたら比較的地震の被害は無かった地域に住んでいました。しかし実家は激震地となった場所にあり、相当の被害をこうむっていました。多くの方が亡くなり、その中には私の知人も当然何人かいたのです。
 この時期この場所にいた人にとっては忘れたくもあり、忘れられない出来事です。毎年この時期になると震災のことを思い出します。
 さて、私はこの日北六甲教会ではなく大阪の教会に出席していました。この日の礼拝の中で震災のことは一切触れられることはありませんでした。距離にして数十キロしか離れていない地域です。すぐ隣の地域で起きたことなのにもはや過去のことなのでしょうか。
 実際に体験していない人には、判らないものだ、ということは今までも思っていましたが、本当なんだなぁと思い知った日です。だからこそ知っている人間は忘れることなく思い続けていくことが大切なんでしょう。世の中にはこれを許さない人がいることを私は知っています。”この苦しみをわからない人はダメだ”、”こんなに大きなことを取り上げないなんて信じられない”という言葉を何度も聞きました。でもそれは仕方の無いことなのだと思うのです。実体験を伴わないものはどうしても真実味が無いのです。だからそれに怒りを覚えるのではなく、覚えている人がそのことを発信していくことが重要なのだと思うのです。
 そんなことを思った一日でした。 
posted by kuma at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする